手紙

久しぶりの映画ネタ :oops:
今日は『手紙』を観てきました。ネタばれ全開なので見るつもりの方はそれを承知の上続きを読んでください。

東野圭吾原作の小説で、玉山鉄二、沢尻エリカ、山田孝之の映画。ちょっと泣きに行こうと思っていってきました。殺人犯の兄を背負った男とその周りの話なんだけど、しっかり泣いてきました :cry:

電話とかメールとか簡単に連絡が取れるツールが増えすぎてなかなか手紙って書かないけど、私も手紙は大好き。書くのももらうのも。特に手書きの手紙は大好きです。やっぱ手紙っていいよね、書く時も気持ちを込めたいし、もらった手紙は本当に大事にしなくてはと思えた作品でした。

最後に兄の刑務所に弟が慰安で漫才をしにいくんだけど、そのシーンの玉鉄にやられた。。それまではうるっとくるくらいだったんだけど、合掌して涙を流してる玉鉄を見たら、もう駄目でした。。

エンディングで流れる小田和正もよかったです :D

「手紙」公式サイト

Trackback URI: http://blog.ochanocosaisai.com/wp-trackback.php?p=305

気軽に記事を評価してみて下さい。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! said,

2006/11/11 土曜日 @ 13:27:10

『手紙』鑑賞!…

『手紙』鑑賞レビュー!

人は、ひとりでは生きていけないー。

11月3日全国松竹東急系にてロードショー!

第134回直木賞作家
(more…)

コメントする

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI · add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user