アーカイブの表示方法

またもこのページと他のブログとの違いを見つけてしまいました。
大体ブログって右か左にナビゲーションがあって、過去記事に飛ぶアーカイブへのリンクっつーのがあるじゃん。
でも、私が選んだテーマにはないじゃん。

というわけでアーカイブの表示・非表示の仕方と表示方法のカスタマイズの手順を説明します。
アーカイブを制御してるタグは以下の2種類あるみたいです。

  • get_archives();
  • wp_get_archives();

カテゴリのタグと同じでこれもほとんど同じですが、後者は変数の設定の仕方がクエリー形式です。
私はwp_get_archives();を使いました。

ナビゲーションはsideber.phpの中に記述されていると思いますので、sideber.phpを開いてアーカイブを表示させたい箇所に<?php wp_get_archives(); ?>
と書きます。()内に変数を指定していない時はデフォルト値が表示されます。

設定できる変数は↓

type–アーカイブリストの表示タイプ
・monthly (デフォルト)
・daily
・weekly
・postbypost

limit–表示するアーカイブの数(デフォルトは制限なし)

format–アーカイブリストのフォーマット
・html–<li>タグで表示(デフォルト)
・option –<option>で表示
・link –<link>タグの中に
・custom –自分でカスタムできる?

そんなわけでアーカイブ表示させてみました。まだまだ先は長そう・・・・。

追記:formatでcustomを使うときの方法
デフォルトではリストで表示される設定なんだけど、自分で作ったソースで吐き出したいときもあるかもしれないです。
<?php wp_get_archives(); ?>でも本当は出来るはずなんだけど、うまくいかなかったので<?php get_archives(); ?>の方でのカスタマイズ方法だけ書いておきます。
<?php get_archives('postbypost', '10', 'custom', '', '<br />'); ?>
↑記事ごとに10個まで改行させて表示
‘custom’の後にカンマ区切りでそのテキストを囲む開始タグと終了タグを書く。改行の場合は開始タグがないので”としておけばOKです。

Trackback URI: http://blog.ochanocosaisai.com/wp-trackback.php?p=22

気軽に記事を評価してみて下さい。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

コメントする

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI · add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user