Archive for web

XAMPPをLAN内の他のPCからブラウジング出来るようにする

気がつけばこのところXAMPPばっかです。でもきっとそろそろ出来なくてつまづいて飽きてくるかなと思うんだけど :cry:
XAMPPは自分のPHPの勉強やら新しいCMSが出たときのテスト環境に使ってるんだけど、「このCMS使い易いですねー」なんて社内の人に言ってもなかなか伝わらないので、その人のPCから実際にいじってもらうのが一番いいんだろうと常々思ってました。というわけで、LAN内の他のPCからアクセスするための設定方法を。

まずはApacheのバーチャルホストの設定から
C:\xampp\apache\conf\extra\httpd-vhosts.conf

NameVirtualHost *:80

<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/hoge/"
    ServerName hoge
</VirtualHost>

次に自分のマシンのhostsの設定。
C:/WINDOWS/system32/drivers/etc/host

127.0.0.1 localhost
127.0.0.1 hoge

「127.0.0.1 hoge」と書いて保存。「127.0.0.1 localhost」っていうのが元々あると思いますので、その下あたりに追加すればOKです :lol:

この2つを設定してからApacheを再起動すれば、自分のPCのブラウザで「http://hoge/」にアクセスすると、「C:/xampp/htdocs/hoge/」にあるファイルが見れるようになります :razz:

Live CommerceをXAMPPにインストールしてみる

MOONGIFTさんでLive CommerceというECサイト構築のCMSが紹介されていたので、オンラインデモいいのですがせっかくなのでXAMPPにいれてごにょごにょしてみることに。

まずは「Zend Framework」というのがないとダメらしいので、これをXAMPPにインストール。インストールというとなんだか大変そうだなーと思っていたのですが、C:\xampp\php\の中に解凍したフォルダをいれて、httpd.confとphp.iniを編集して、Apacheを再起動すればOKでした。詳しい解説は「Zend Frameworkインストール – ubuntuとか使ってみる – Yahoo!ブログ」に書いてありました。感謝!

XAMPPにいろんなものが入ってていろいろ他のファイルに影響しちゃうので、ドキュメントルートを変更。ついでにサブドメインも変更しました。
xampp\apache\conf\httpd.confに以下の記述を追加。

<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/live-commerce/public_html/"
    ServerName live-commerce.localhost
</VirtualHost>

Live Commerceは公開ディレクトリと同じ階層にadminフォルダとかを置かなくちゃいけないみたいなので、「C:/xampp/htdocs/live-commerce/public_html/」とlive-commerceディレクトリの下にさらにpublic_htmlディレクトリを掘りました。

あとhostsファイルにも以下を追加。

127.0.0.1       live-commerce.localhost

ここまででプログラムやサーバ周りの知識がない私は既にどっぷり疲れてしまったのですが、インストール開始 :!:

HTMLコーダーに100の質問

uzuさんの声かけにより、1/5に開催されたHTMLコーダー飲みに参加してきました。同職種の人が19人も集まる機会なんてなかなかないので楽しかったです。幹事のuzuさんkinkoknkさんmayonecoさん有難うございました。

んで幹事のuzuさんが「HTMLコーダーに100の質問」を作成してくれて面白そうだったので早速答えてみました :oops: